借金で首をつる

借金で首をつる

借金で首をつる

景気が回復しようとバブルの時代であろうと借金で苦しんで首をつる人は出てきます。
バブルや好景気だといっても恩恵を受けている人は一部の人です。
我が家もバブル時代には全く恩恵を受けていませんでしたから当時浮かれていたのも
一部の人だけでしょう。

 

今後も東京オリンピックの開催のため景気が上向いてくるでしょうが、
末端には反映されずに相変わらず借金によって首を吊る人はあとを絶たないことでしょう。

 

しかしいくら借金がつらいあらといって自ら命を絶つような真似をしてはいけません。
それは結局逃げにしかなりません。武士の切腹とは全く違うわけです。
苦しいから楽になりたいのと武士の切腹では違います。大事なことなので二回言いました。

 

ということで返済に困ったら結局頑張らなければなりません。
だめでもともとです。ダメ元精神があれば、気力を振り絞ることも不可能ではありません。

 

火事場の馬鹿力という言葉もあるように追い詰められてからが人生どう生きるかで
その人の価値は決まってくるので頑張ってください。

 

もし首を吊るためのロープを購入したなら今すぐすてて下さし。
そしてその労力はお金を稼ぐことに使いましょう。
今の日本には頑張れば報われる仕組みは出来ています。
高橋某のいうことを信じて頑張りましょう。

 

民事再生で借金返済の負担を軽減!@無料相談がオススメ


ホーム RSS購読 サイトマップ